勉強

AWS認定がピアソンVUEで受験可能になりました

投稿日:

お世話になっております。

みなさん、AWS認定受けてますか?
今回はAWS認定の受験に関する耳よりな情報をご紹介いたします。

 

AWS認定って?

AWS認定は、AWS(アマゾンウェブサービス)に関するAWS公式の認定試験です。
2019年4月現在は、初級クラウド知識が求められるクラウドプラクティショナー、
初級~中級程度のAWSに関する知識が求められるアソシエイトレベル認定、
上級程度のAWSサービス知識が求められるプロフェッショナルレベル認定、
そして特化的な知識が求められるスペシャリストレベル認定が用意されています。

認定に合格した人は、AWS認定エンジニアとしてデジタルバッジやロゴの使用が認められます。

かくいう私も、AWS ソリューションアークテクト アソシエイト認定を取得しており、
若干のドヤ顔したりしているわけでございます。

 

どんなメリットがあるの?

AWS認定のメリットは人により様々感じるところがあると思いますが、
私が一番感じたメリットといえば、純粋にAWSに関する適切な知識を得ることが出来る、というところだと思います。
この「適切な知識」というのは、座学の為に行う勉強ではなく、あくまでも実用的な知識が無ければ合格できない、というところにあります。(つまり、合格する頃には実用的な知識を身につけることができるということです)

ちなみにAWS認定の詳細な内容などについては口外出来ないよう同意するようになっているため、
この記事ではこれ以上のことについては省かせていただきます。

要はちゃんとタメになる勉強なんだよ、ということです。
スマートだろうが泥臭い感じだろうが、与えられた条件で「ベストプラクティス」を導くことが出来る人がAWS認定エンジニアなんだろうなぁ、と感じます。

 

本題です。何が耳寄り情報なのか

これまでAWS認定資格は限られたテストセンターでしか受験することが出来ませんでした。
しかし、実は今年の4月9日より、AWS認定試験が全国のピアソンVUEのテストセンターで受験できるようになったらしいです。

ピアソンVUEといえば、色々なテストを実施出来る場所であると認識しています。
LPICやCCNPなどのCisco資格などですね……。

これまで受験可能箇所が極端に少ない印象がありましたが、これで全国47都道府県でAWS認定が受験可能になったということです。
これは非常に大きなことです。

ちなみに公式の案内によりますと、日本の会場数は約3倍の150以上に拡大したとか……。
かなり多くなったんですね。

 

おわりに

ということで、AWS認定のテストセンターとしてピアソンVUEが拡大され、
より受験しやすくなったよ!ということでした。

私も次回DevOpsとか、ソリューションアーキテクトプロフェッショナルとか受ける機会があれば、
その時はピアソンVUEも視野にいれて探してみたいと思います。

AWS認定は勉強も面白かったので、これからも頑張ります!
以上、お疲れ様でした。

-勉強
-,

Copyright© すじこネット , 2019 - 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.