インフラ

make時に「/bin/sh: cc: コマンドが見つかりません」と怒られた時の対処法

更新日:

手元のAmazon Linux 2が入っているEC2に新規でGitをインストールしてみました。
Apacheモジュールをダウンロードするのに、GitHubからコマンドで操作を行いたかったからです。

Gitのインストールに限らず

./configure --prefix=/usr./configure --prefix=/usr

make all
とか
make install
だったりを実行するとき、
新しいサーバで作業をするといつも以下のエラーで「?」ってなるので対処法を置いておきます。

[root@ip-172-31-34-67 git-2.9.5]# ./configure --prefix=/usr
configure: Setting lib to 'lib' (the default)
configure: Will try -pthread then -lpthread to enable POSIX Threads.
configure: CHECKS for site configuration
checking for gcc... no
checking for cc... no
checking for cl.exe... no
configure: error: in `/usr/local/src/git-2.9.5':
configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH
See `config.log' for more details

[root@ip-172-31-34-67 git-2.9.5]# make all
* new build flags
CC credential-store.o
/bin/sh: cc: コマンドが見つかりません
make: *** [credential-store.o] エラー 127

[root@ip-172-31-34-67 git-2.9.5]# make install
CC credential-store.o
/bin/sh: cc: コマンドが見つかりません
make: *** [credential-store.o] エラー 127

このように「/bin/sh: cc: コマンドが見つかりません」と表示されたら、
gccコマンドをインストールしてあげることで解決することが出来ます。

yum -y install gcc

 

Gitインストール時の備忘録でした。

-インフラ
-, ,

Copyright© すじこネット , 2019 - 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.